教育方針

本園の教育活動は、文部科学省の幼稚園教育要領を基にした教育課程を実施し、日本国内と同等の教育を行うことを目的とする。また、海外校としての特性を生かし、広い視野と豊かな国際感覚を身につけた日本人の育成を図る。

1.  心身ともにたくましく生きていく力の基礎をつくる。
  「自ら学び、考え、判断する力」「自分のことは自分で行い、実生活で生きていく力」を育む。
2.  個性を生かす。
  一人一人を、かけがえのない一人の人間として尊重し、個々が光り輝く園運営を行う。
3.  国際感覚豊かな子どもたちの育成を図る。
  日本やインドネシアの文化に触れる行事や、様々な人々との交流を計画的に行う。
教育目標
  豊かな感性と思いやりの心をもち、心身ともに健やかな子どもの育成を図る。
     ○  明るく元気な子
     ○  みんなと仲良くする子
     ○  喜んで話したり聞いたりする子
     ○  自分で考えて行動する子


教育の指針

educational policy
年少(4歳児)
『自信を持って生活する』
年長(5歳児)
『主体的に生活を進める』
健やかな心と体
  • 指示を聞き、行動に移すことができるようになる。
  • 自分の思っていることや考えていることを、簡単な言葉で伝えようとする。
  • 体を動かす楽しさを、遊びの中で感じることができる。
  • 自身の健康に関心を持とうとする。
  • 自分で考え、自分から行動できるようになる。
  • 遊びや活動に友だちと協力して取り組み、共同性を持つことができるようになる。
  • 体を動かす活動に積極的に参加することができるようになる。
  • 自身の健康を意識しながら、進んで健康管理をすることができるようになる。
学びの芽生え
  • 目標に目を向けながら活動しようとする。
  • 日本語に対する興味を育む。
  • 絵本や物語に親しみながら、想像する力を膨らますことができる。
  • 目標に到達するためにどのようにしたら良いかを、自分で考えたり試したりすることができるようになる。
  • 座る、鉛筆を持つ、指示を聞いて用意する、時間を守る、など、学習の基礎となる行動を身に付ける。
  • 日本語で簡単な読み書きができるようになる。
豊かな感性
  • 身近な自然に興味を持ちながら親しむ。
  • イメージしたことを様々な方法で表現しようとする。
  • 音楽に合わせて楽しく体を動かしたり歌を歌ったりすることができる。
  • 異なる文化の中で生活する人たちに興味を持とうとする。
  • 様々な素材に触れ、その特徴を生かしながら好きなものを作ることができる。
  • 音楽に反応しながら体を動かしたり、友だちと一緒に歌って感受性を高めたりすることができる。
  • インドネシア語や英語を使いながら、人との関わりの輪を広げることができるようになる。
生活する力
  • 先生とやり取りをし、関係を築きながら活動の楽しさを感じることができる。
  • 幼稚園での決まりや約束ごとを守る大切さを意識することができる
  • 手洗い、片付け、身支度など、基本的な生活をするために必要なことができるようになる。
  • 自分たちで約束やルールを考え、それを集団生活の中で守りながら生活ができるようになる。
  • 自分の思っていることや考えていることを、相手に分かるように工夫して伝えられるようになる。
  • 日本の生活で求められる習慣について意識を持つことができる。