5月6日はこどもの日の集いがありました。

園長先生から「どうしてよもぎ餅を食べたり、菖蒲の花を飾ったりするのか」など5月の節句についてのお話を聞いたり、こいのぼりの歌を元気いっぱい歌いました。

先生達からのお楽しみは、こいのぼりの由来についての劇でした。みんな興味津々で集中して話をきいていました。

最後は、こいのぼりの玉入れや、リレーをしてみんなで遊びました。とっても楽しかったね!

教室では、きびだんごを食べ、柏の葉っぱを観察しました。子どもたちは「不思議なにおい」「おいしそう」など触ったりにおいをかいだりして楽しみました。

ジャカルタの空を泳ぐ大きなこいのぼりのように、みんなが元気にすくすく育ちますように…

コメントをどうぞ