施設・設備紹介

 ジャカルタ日本人学校は、日本から南に約5000kmの赤道直下の国、インドネシア共和国の首都ジャカルタの郊外にあります。

 1996年3月までは、ジャカルタ市内のパサールミングに校舎がありましたが、校舎の老朽化と児童・生徒数の増加に伴い、1996年4月に、現在のビンタロ地区に移転しました。

 敷地面積79,192㎡、3階建て校舎3棟、小学部・中学部ごとに運動場、体育館、プール、コンピューター室がそれぞれにあります。

 また全教室・特別教室・中学部体育館に冷房が完備されていて、快適な学校生活を送ることができます。


アトリウム

ホール

入口

和室

教室

日本庭園

遊具