待ちに待った遠足

子どもたちの大好きな遠足

前日までの雨もなんのその

快晴の遠足日和にタマンミニへと行ってきました

年少組は水族館へ珍しい魚を見に行きました

ちょっと怖いような 面白いような 魚たちの水槽に

張り付いたり 面白がったりして

水族館の遠足を楽しみました

 

水族館でのハイライトは何といっても

ぷっくりと膨らんだふぐ!

係員のお兄さんが水槽から取り出し膨らませてくれた

ふぐをみんなで触りました

「ちくっとした!」

「なんかかたい」

「もう一回触ってみたい!」

ちょっとおっかなびっくりの子も

ごわごわとした不思議な感触を楽しんでいました

年長組は恐竜パークへ!

幼稚園児にとって恐竜は怖いようかっこいいような

いろいろな気持ちが混ざり合う夢の生き物

到着前から子供たちは期待半分、ドキドキ半分の表情でした

いつどこに恐竜が見えてくるのか分からない

スリルのある茂みをみんなで歩けば

気分はもう探検隊

途中で水が飛び出してきたり

恐竜の鳴き声に驚いたり

いろいろなしかけにおっかなびっくりしながらも

「本物の恐竜がいた」

と喜んでいる子供たちでした

 

また、この日を楽しみに幼稚園で事前に作ったハガキも投函しました

年少組は水族館への期待をもって折り紙の切り紙で魚を

年長組は恐竜を水性ペンで描きました

切手博物館の郵便局では切手に押すハンコを

自分たちで押す体験をさせてもらいました

みんなのうちにちゃんと届くかな~

お楽しみに♪

楽しい遠足、いっぱい歩いた後はおなかもぺこぺこ

おにぎりと、その後のおやつをもしかしたら

1番楽しみにしていたのかな?と思うほど

嬉しそうにクラスのみんなとお弁当の時間楽しみました

切手博物館の芝生では

かけっこや綱引き、虫探しなど、

年長組も年少組も一緒になって遊びました

いいお天気に恵まれ外でも伸び伸びと遊ぶことができた遠足

とっても楽しかったね!

コメントをどうぞ