1月30日(火)に、JJS小学校に体験入学に行きました。

「僕は何組だよ」「何階に行くのかなー」と、朝からワクワクしていました。

各小学校クラスのカラー帽子を被り、上履きと水筒を持って、出発。

集合場所となっていた中学部体育館の広さに、圧倒されていました。

1年生がTKの子どもたちをお迎えにきたら、少しドキドキ。幼稚園では立派な最年長ですが、少し照れくさそうな様子でした。

自己紹介タイムでは、元気に名前を教える子ども、恥ずかしそうにしている子ども、様々な子どもがいました。しかし、徐々に小学校の雰囲気に溶け込み、教室を回るたびに、「ここは何の教室なの-?」と積極的に聞く子どももいました。

小学部体育館、図書室などを見て回り、実際の授業風景も見た子どもたちは、胸を躍らせていました。

最後に、国語の教科書を読んだり、道具箱の中を見たりして、1年生気分を味わいました。

TKに戻ってから、「色々な教室があったね」「いつもTKで聞こえているチャイムが聞こえたね」と、子どもたち同士で振り返っていました。

JJSに進学する子も、そうでない子も、小学校の雰囲気を直に味わうという非常に良い体験となりました。

小学校1年生の皆様には、一生懸命幼稚園の子どもたちを案内や説明をしてくれました。とても頼りになる姿が微笑ましかったです。本当にありがとうございました。

コメントをどうぞ